Edit product

¥300+

禽喰真義人の招待

「青空に似つかわしい色をした列車が、あたかも骨のない生き物のようにゆっくりとブレーキを踏みながら、汚れた空気のなかに茫然とたたずむステイションへとすべりこむ」。このテクストは、たとえばそんなふうにしてはじまる。もちろん、あくまでそれは、「たとえば」の話であって、そうであってもいいし、そうでなくても一向にわたしは構わない。(本文より)

カテゴリ:
小説

収録作:
「禽喰真義人の招待」

PDFページ数:
106p

仕様:
zip(pdf/epub/mobi/書影)

最終更新日:
2021年5月1日

-Quantity 1+
  • Size5.45 MB

Checkout

禽喰真義人の招待

Enter your info to complete your purchase

Card

···· ···· ···· 4242
Test card

05/18

Card

Use a different card?

Card

pp paypal

or pay with

We do not keep any of your sensitive credit card information on file with us unless you ask us to after this purchase is complete.

or pay with

You'll be charged US$3.
Powered by Gumroad